看護師、好条件な求人先に転職したい!

通信学校を利用して看護師にステップアップ

看護師になるためには、看護師国家試験を受ける必要があります。そして看護師試験を受けるための資格は、准看護師として決められた年数以上働き、専門の教育を受けることでも手にする事が可能です。

高校を経て看護師養成学校へと進学した人もいれば、仕事と学校を両立しようとしている社会人もいますが、働きながら学校に通うというのはなかなか困難だといえるでしょう。

また、准看護師が看護師を目指すための「看護師二年過程」という通信制システムが平成16年からスタートしました。看護師になるために利用できる通信教育は准看護師が誰でも学べる通信学校というわけではありません。

准看護師として10年以上実務経験を持つ准看護師さんだけ活用できる通信学校です。臨地実習時間を通常より少ない形で考慮されているのは、10年以上准看護師として働いているということに関りがあります。

働き方はフルタイムだけではなく、非常勤でも構いません。120ヶ月以上勤務してさえいれば、通信学校を利用する事が可能です。通信学校に入るためには試験と書類選考があり、試験の内容は現代国語と小論文になります。とはいえ細かい試験の内容は、受験する学校それぞれの特色がありますので、通いたい通信学校できちんと確認する事が必要です。

通信学校で学ぶ時間は2年から5年で、通信で受ける授業や面談、臨地学習がその内容となっています。卒業に必要な単位は一般的には62単位以上、教育を受ける時間は2100時間です。

上記は准看護師が看護師になるための通信学校の説明になりましたが、看護師養成学校に関する通学支援システムに関しても少しだけお話させて下さい。 看護師養成学校の授業を受けられる時間帯は二種類あり、一般の学校と同じ午前から午後にかけての授業と、夕方から夜にかけての授業の二つから選ぶ事が可能です。この意味は、准看護師が働きながらでも看護師養成学校に通えるために、ということになります。