看護師、好条件な求人先に転職したい!

看護師が転職する場合は、転職後のイメージが大切

看護師が転職する場合は不安や希望が入り交じった気持ちになって活動をすることになるでしょう。 大抵の皆様は真剣に転職先の医療機関を選ぶと思います。 あまりにも真剣になりすぎると客観的に冷静な判断ができなくなることがあります。

看護師が転職する場合は、転職後のイメージが大切になってきます。 転職した後になって<こんなはずではなかったのに……>と後悔したくないはずです。 比較的転職をしやすい業種だと看護師の場合は考えられています。

生涯看護師の仕事をする場合は40年ほどの勤務になりますが、その間に10箇所程度のキャリア当然でそのキャリアの中でも成功した看護師と失敗した看護師がいます。 自分自身のキャリアをデザインできて事前にイメージできていたかどうかで違うわけです。

転職する理由では「人間関係」「給与面の不満」「結婚」「出産」「教育体制の不満」などさまざまですが、目の前のことだけを見て転職してしまうと、別の職場でも新たな不満が出てくるでしょう。 その時はそれで満足するかもしれませんが、すぐに不満がでてきて転職をくり返してしまうわけです。

若い頃は問題ないかもしれません。 しかし、転職をくり返す間に条件面で悪くなったり就職先が見つからないことになるかもしれません。 そんな最悪なことにならないために転職のことをキチンと見直しましょう。

これまでの看護師キャリアで慢性疾患の患者さんの対応を数多く経験している看護師ならば、在宅看護の道に進むなど、これまでのキャリアを活かすことができます――こういったことを考えるべきなのです。 <給与が良さそうな職場が見つかったから>なんて安易な転職を続けていると医療機関から見向きもされなくなります。

看護師の職場はどこでも同じという人もいますが、それは昔の話しです。 近頃の看護師を取り巻く環境は一変しています。 看護師も専門志向になってきていますから、特定分野に限定してスキルアップを考えている看護師が多いです。

スキルに目を向けるという時代になってきているのに気づきましょう。 5年後や10年後先の看護師としてのキャリアを予想して思い描いている将来を実現するためには、今何ができるのかを考える気持ちが大事ではないでしょうか?