看護師、好条件な求人先に転職したい!

看護師が転職するならば逃げの転職でなく前向きに

看護師が転職する場合に限ったことではないですが、転職には前向きなポジティブなものと後ろ向きなネガティブなものがあります。キャリアアップを目指す転職ならば応援してくれますが逃げるための転職など応援してくれません。

ここでは、看護師が転職するならば逃げのネガティブな転職でなく前向きにということをお話しましょう。 転職の理由になるのは勤務条件などの大きな相違ではないです。 ほとんどは「夜勤の際に仮眠がとれない」「入りの時間が早い」「残業が多い」などでしょう。 これはどの病院に勤務しても同じようなことで流動的です。

理想的には面接の時の担当者が詳しく説明するべきことでしょう。 しかし、面接官が事務長や看護部長の場合は現場の状況を知らないので詳しく知らないケースも多いです。 知っていてもその時の看護師の配置人数や病棟の入院患者数によっても全然変わってきます。

面接時に説明したことと入職した後に状況が変わることも多いです。 面接官の立場では<どこの病院でも状況によって違うような内容>は詳しく説明できないのです。 また、そういったイレギュラーな内容で退職するような看護師は、どこにいっても務まらないでしょう。

「上司と気が合わない」とか「医師に偉そうに言われる」なんていうレベルの人間関係のトラブルは尽きません。 お互いさまの部分があるからです。 とりあえずコミュニケーションを取る努力をして欲しいです。 そこから逃げて転職しても同じ事をくり返すだけでいじめられます。

年輩の看護師が転職理由でよく言うのが「定年まで仕事できる職場で勤務したい」ということです。 何度転職しても数か月したら同じことをいうのです。 上司・残業・病院の体制……何かしらに目がいって長く勤務できるかどうか不安になるからです。

こういった職場のあら探しをしていたら、いつまでも転職をくり返します。 職場の良い面や仕事の楽しさを見つけ出して、前向きな姿勢で毎日の業務をこなすことです。 「気がついたらいつのまにか定年になっていた」というのが理想的な仕事です。

今現在自分のおかれている状況に正面から向きあわないのが<逃げの転職>です。 言い方を変えると現実逃避でもありますから、現実としっかりと向きあうことが転職活動のファーストステップだと思います。