看護師、好条件な求人先に転職したい!

お給料について悩んで転職を考えている看護師

看護師が転職する理由にはさまざまな要因がありますが、中でも上位に来るのが給与への不満です。 仕事の特性から夜勤がありますし不規則なシフト勤務を強いられます。 ここでは、お給料について悩んで転職を考えている看護師をテーマにあれこれと考えてみましょう。

看護師の給与が決定する要因は、「経歴」「学歴」「勤務施設」によってかなりの差異があります。 最初に看護師の給与システムの概要をお話します。 基本給や手当からいろいろな控除や税金を引いた金額が差引支給額になります。 基本給は文字通り給与の基本的な金額です。

これをベースにボーナスや退職金は算出されるシステムになっています。 公務員ならば医療棒給表によって基本給が決まります。 それ以外の医療機関でも医療棒給表をベースになっているケースが大半です。 看護師の手当の種類を列挙しておくと「夜勤手当」「病棟手当」「危険手当」「住宅手当」「通勤手当」などが思い浮かびます。

危険手当は業務をする上でリスクに配慮して支給される手当です。 具体的には放射線下での業務や手術室や透析室勤務の場合が支給される場合があります。 夜勤をすることを前提の看護師に支給されるのが病棟手当です。

看護師寮で暮らしている場合で住宅手当が支給されるケースでは大抵寮の家賃が住宅手当とほぼ同額になっています。 こういった手当が充実している勤務先で仕事をすると金銭面では有利だと思います。

<年収>という言葉を良く聞きますが給与明細の支給額欄にある課税合計の12カ月分やボーナスなどをプラスした金額のことです。 基本給の合計でも控除された後の支給額でもないのです。

医療棒給表は(1)医師(2)薬剤師(3)准看護師・看護師・保健師・助産師に区分されてます。 看護師などの医療棒給表では級が職位となります。 看護師長以上の管理職は勤務している医療機関によって級がちがってきます。

号棒は給与のランクになり、経験値や学歴によって違い、どこからスタートになるかはそれぞれ異なります。 「勤務施設」「号棒」「職位」によって給与は大きく違ってきますから、経験があるから高い給料とは限りません。

同じキャリアや学歴でも勤務する施設によって給与格差はでてきます。 もしも給与に不満があるなら、あなたの仕事に対して適正な評価をしていただいてないかもしれません。 他の医療機関の給与水準を調べる方法があるので一度チェックしてみる価値はあります。 看護師転職サイトに登録して専任コンサルタントに聞くのが簡単です。