看護師、好条件な求人先に転職したい!

転職に踏み切る看護師と思いとどまる看護師の違い

看護師は数ある仕事の中でも比較的転職率が高いことで有名です。 転職を考えることがあっても実際に行動するかどうかの判断は個人差があります。 ここでは、転職に踏み切る看護師と思いとどまる看護師の違いをアンケート調査結果のデータで分析してみましょう。

実際に転職したことがあるという看護師は80%弱ほどになっています。 いろいろな悩みがあってその解決策として転職を選んだのです。 その回数は約半数が1回になっています。そして2回・3回と続きますが4回以上になると看護師業界では「転職が多い」と判断されるケースが多いです。

転職が悪いということでもないです。 しかしながら転職回数が多くなれば、それだけ採用側は<キャリアの一貫性>の部分を注視します。 「結婚」「出産」「キャリアアップ」「子育て」「介護」など理由が明確ならばこれまでのキャリアに傷かつくことはないでしょう。

次に実際に転職をしなかった看護師の理由の見てみるといろいろな理由があります もっとも多い回答は<勇気がなかった>ということでした。 また<転職したあとの収入面で不安がある>とか<今よりも良い条件の勤務先が見つからない>という回答も目立ちます。

転職を意識したけれども、環境の変化や将来の不安で断念する看護師もいるのです。 <現在の勤務先でやりがいを見つけた>というナースは前向きに気持ちを切り替えたのでしょう。 転職を考えても現在の仕事を継続するモチベーションが見いだせたら転職を踏みとどまって正解だったのです。

<自分の看護スキルや知識に不安がある>という人は自分と向きあっていると思います。 実際に転職を決めたらば、採用してくれる勤務先を見つける必要があります。

<自分の看護スキルや知識に不安がある>からもっと看護スキルや知識を向上させる勤務先に転勤しようとするポジティブな気持ちの人もいるのです。 以上、転職に踏み切る看護師と思いとどまる看護師の違いについてお話いたしました。