看護師、好条件な求人先に転職したい!

准看護師という職業に良い点悪い点

准看護師という職業の良い点と悪い点を見てきましょう。

まずはメリット、お給料に関してからです。 一般的に正看護師と比べて准看護師が手に出来るお給料は低い設定となっています。国家資格である看護師と比較するとどうしてもお給料は低くなってしまいますが、それは看護師と比較したケースでは、ということになります。

准看護師の資格を手にしたから転職せずに同じ施設で働き続けていった場合、最終的には500万円以上の年収を手にする事が出来るでしょう。反対に転職を繰り返している看護師のケースでは、退職するまでに500万円以上の年収を受け取る事が出来ないケースもあります。

ふたつめのメリットとしてはやりがいでしょうか。 看護師とほぼ同様の業務を准看護師は行えます。准看護師資格、看護師資格とぱっと見には違う資格となっていますが、現場で活躍する准看護師も、看護師同様の業務をこなしている事が多いですし、患者さんへの責任も同様に重いです。

一見神経を使う大変な責任に感じますが、裏を返せばそれだけやりがいのある仕事ということ。正看護師同様の業務を受け持つ事が出来るのは、准看護師のやりがいを感じられるポイントの一つといえます。

次に准看護師のデメリットを見ていきましょう。

准看護師の仕事というのは、お医者様や看護師の手助けをする業務です。もしも自分で動く必要のあるケースでは、まずはお医者様や看護師からの指示を受けて動くことになります。自分だけの判断で行動を起こすことは出来ません。たとえ急ぎのケースでも、まずはお医者様、もしくは看護師の指示を仰ぐことを求められます。時にその事がジレンマに感じることもあるかもしれません。

また准看護師は、出世する事が出来ません。役職に就く事が出来ないために、どれだけ勤務年数を積んだとしても退職するまで准看護師のままです。出世をして活躍の場を広げたい場合は、看護師になる事が必要となります。

准看護師は地方自治体から免許を公布される資格となりますが、国家資格を持つ看護師同様の業務を行う事ができます。患者さんへの責任の重さ、それを充実感に変える事が、長い間勤務するための秘訣かもしれません。