看護師、好条件な求人先に転職したい!

看護師転職サイトを利用するメリットとデメリット



看護師転職サイトは、インターネットが利用できる環境であれば、いつでも最新の情報を確認することができます。自分の条件に合った絞り込みも行うことができ、働きたい条件をこだわりながら、候補を探せます。

一般的な求人情報誌に掲載されているのはあくまで氷山の一角。その中から自分が求めている最高の条件となるのは少ないのが現状です。最近はやりの登録型看護師転職サイトには、一般的に出回らない求人情報も数多く存在します。

つまり、単独で行動し、探し回った場合の求人情報よりも、ゆったりと自宅でくつろぎながら看護師転職の支援会社を利用した方が、効率良く条件に見合ったものが探せるのです。 インターネットで参照することができる看護師転職サイトの情報と合わせて、実際に働いている人の情報を参照することも可能です。

多くの情報の中から自分に見合ったところを選択することができるというのは大きなメリット。しかし、全ての情報を鵜呑みにしてしまうのは、実際の印象と差が生じる場合もあるため、現場を見学しながら働く環境として最適であるかを判断するのが重要です。

職場探しのための条件検索は重要ですが、あくまで自分が納得できる環境であるかを十分に確認することが、看護師転職サイトを利用する際の注意点。それさえ気をつけて情報収集を行うことによって、求めている職場環境が得られるのです。

もう一つの重要なメリット

インターネットを利用して看護師転職サイトを利用するもう一つのメリットとしては、気になる情報をチェックしながら、リアルタイムで同じような条件を比較することが容易な点です。求人が掲載されている施設へ伺うには時間的な制約が多いものの、24時間いつでもインターネットが利用できれば情報が得られるのも魅力的。

収入アップを見越した転職から、働くスタンスを変えるための転職まで、看護師が新たな職場環境を求めることは少なくありません。多くの希望を叶えることができるところを探すことによって、働く意義を新たに見出すことができるのも、看護師転職サイトの有効活用となるのです。

看護師求人~人気・不人気の職場を見分ける方法~

人気のある職場を見つけることができれば、働きやすさが期待できますよね。ですが、知らずに不人気の職場に応募をしてしまった場合、働き始めてから様々な不満を抱えることになってしまうかもしれません。

転職をする際には、誰でもいくつかの職場を比較するはずです。しかし、看護師が働ける職場は非常に数が多く、たくさんの求人情報の中からどこが人気の職場なのかを見分けるのが難しいかもしれません。 誤って働きにくい不人気の職場に応募しないためにも、人気の職場について知っておきましょう。

どういった求人が人気の職場かというのは、働く人の年代や性別によっても大きく変わってきます。 そのため、○○の仕事が人気ということは言えません。

例えば、男性看護師が働きやすいとして人気がある職場は、既に男性看護師が活躍している職場です。 精神科や病院の救急救命科では多くの男性看護師が活躍しています。

一方、クリニックには女性の看護師が集まることが多いため、そういった職場に応募をしても男性看護師は肩身の狭い思いをすることになってしまうかもしれません。

次に、経験があるかどうかによっても人気のある職場は違ってきます。まだほとんど経験がない新卒の場合、様々な知識や経験を身に付けることができる総合病院の求人が人気です。

クリニックや小さな病院は教育プログラムが整っていないため、新卒の看護師は避けたほうがいいかもしれません。また、若いうちは体力があるため、夜勤も問題なくできるかもしれませんが、歳を重ねるほど夜勤は大きな負担になっていきます。

そのため、ある程度経験を積んだ看護師からは夜勤のないクリニックや診療所といった職場が人気です。自分の経験はどれくらいなのか、どういった条件を希望するのかによっても働きやすい職場というのは変わってくるものです。

まずは自分が職場に求める条件などをよく考えてまとめたうえで転職先を考えるようにしたほうが失敗がなく済むでしょう。

看護師として企業の保健室で働く

企業内医務室、または企業内保健室と呼ばれるところでも看護師が働いています。全ての企業で看護師が働いているというわけではありませんが、怪我の危険性が高い職種だったり、多くの従業員を抱える企業では保健室が設置されていることが多いです。

こういった職場で働く場合、企業看護師や産業保健師と呼ばれることになるのですが、社員の健康相談だけでなく、怪我や病気の治療と予防、健康診断、健康管理も大切な仕事です。

どのような仕事を担当することになるかというのは、各企業内保健室によって異なるので、求人情報をよく確認したうえで申し込む必要がありますね。病院など医療機関でしか働いたことがない人にとって、企業内保健室での仕事というと未知の世界ではないでしょうか。

産業看護だけでなく、産業保健に関する専門的な知識がなければ就職するのが難しい職場もあるのですが、実は未経験からでも企業内保健室で働くことができます。

中にはベテラン看護師のみを募集しているところもありますが、あまり看護師としての経験が豊富ではないということであれば、未経験歓迎の職場を探してみるといいですね。

産業保健活動には様々なものが挙げられますが、メンタルヘルス対策や作業環境管理も大切な仕事のひとつです。これらの対策や対応についても企業保健室で働く看護師が担当することになるので、看護師としての知識を幅広く生かせる仕事を探しているという人にも企業保健室での仕事がおすすめです。

ただ、企業の保健室求人は、それほど数が多くありません。そのため、企業の保健室で働きたいと思っていたとしてもなかなか仕事を見つけることができないという人もいるでしょう。

求人情報を探したいと思っている場合は、看護師専門の転職サイトを活用するのが一番確実です。専門サイトを活用したからといってすぐに仕事が見つかるわけではありませんが、個人で情報を収集するのに比べると何倍も仕事が見つかる可能性が高くなります。